2017 ソレイユミニロードシリーズ第3戦開催

10月22日(日)にカートソレイユ最上川にてソレイユミニロードシリーズ第3戦スプリント、3時間耐久レースが開催されました。NSF100HRCトロフィー、HRC GROM CUPはシリーズ第4戦となります。当日は朝から雨模様で終日止む事は有りませんでした。ライダーはレインタイヤをはき準備しています。
c0180546_13504171.jpg
c0180546_13511311.jpg
大会本部テントでは受付、車検も終りました。
c0180546_14411980.jpg
7時50分からのグリーフィングも終り8時00分から全クラス合同フリー走行が始まりました。
c0180546_13540395.jpg
30分間のフリー走行が終り8時40分からSP50.チャレンジクラスの公式予選です。雨の中果敢に攻めています。
c0180546_15010652.jpg
30分間終了して結果はこちら
c0180546_15074229.jpg
つづいて、9時20分からはNSF100.GROMCUPクラスの予選です。結果はこちら
c0180546_15100992.jpg
台風の影響で長野県は洪水で交通が麻痺しています。チャンピオン矢崎選手が不参加です。いよいよ決勝の時間となりました。最初はNSF100HRCトロフィークラスです。選手は整列選手紹介です。
c0180546_15180970.jpg
スタート!!
c0180546_15171313.jpg
ヘアピンです。
c0180546_15163437.jpg
田辺選手がトップで阿部利選手、丸山元選手が追う展開でしたが、渡辺選手が逃げきってチェッカー!!結果はこちら!
c0180546_15233221.jpg
次はSP50.チャレンジクラス決勝です。スタート!
c0180546_15254647.jpg
丸山和選手が先行して今井選手が追います。
c0180546_15273347.jpg
最後は今井選手が先にチェッカーを受ける。結果はこちら!
c0180546_15293554.jpg
11時20分からはHRC GROM CUPクラスの決勝です。一斉にスタートシケインに向かいます。
c0180546_15350259.jpg
矢崎選手が居ない間にトップを快走しそのまま周回を重ねチェッカーうれしい優勝をゲットは小南選手
c0180546_15371475.jpg
HRCGROM CUPノリザルトはこちら
c0180546_15195542.jpg
昼食タイムを挟み12時30分耐久レースのスタートです。各車一斉にスタートしました。
c0180546_15405502.jpg
雨が強くなりコースは所々この水しぶきです。選手はこの中を走ります。
c0180546_15461661.jpg
耐久レースも終盤あたりも暗くなってきました。
c0180546_15475639.jpg
3時間が終了してチェッカーです。
c0180546_15483350.jpg
c0180546_15485268.jpg
5チーム無事完走です。結果はこちら。
c0180546_16102452.jpg
年間ポイントの集計も早々出来上がったようなので、会場を移しカート車検場(大きなテントの下)で表彰式を行います。始めにNSF100HRCトロフィージュニアクラスです。1位塚本龍くん、2位黒澤琉生くん以上入賞です。
c0180546_16141624.jpg
つづいてNSF100HRCトロフィーグランドクラスです。1位田辺選手、2位丸山元選手、3位阿部利選手以上入賞です。
c0180546_16162589.jpg
つづいてHRC GROM CUPクラスです。1位小南選手、2位穂高選手、3位鈴木貴選手以上入賞です。
c0180546_16191286.jpg
次はSP50クラスです。1位今井選手、2位丸山和選手、3位池田選手以上入賞です。
c0180546_16244293.jpg
チャレンジクラス、1位齋藤学選手、2位白井選手以上入賞です。写真有りません。耐久総合クラス、1位大友、菊池チーム、2位関根、白井チーム、3位佐藤、北島チーム以上入賞です。
c0180546_16331573.jpg
つづいてGUROMクラス、1位鈴木、工藤、高橋チーム、2位穂高、陳チーム以上入賞です。
c0180546_16351149.jpg
こんどは、シリーズ表彰です。始めにNSF100HRCトロフィークラス、シリーズ1位矢崎選手、2位加藤選手、3位丸山元選手以上入賞、すいません写真有りません。次はジュニアクラス、シリーズ1位塚本龍選手、2位松下隆起くん、3位黒澤琉生くん以上表彰です。
c0180546_16525672.jpg
次はHRC GROM CUPクラス、シリーズ1位矢崎選手、2位小南選手、穂高選手以上表彰です。グランド大会ご健闘期待します。
c0180546_17072628.jpg
今年のSPクラスは面白かった!!シリーズ1位丸山和選手、2位今井選手、3位阿彦選手以上表彰です。
c0180546_17134187.jpg
表彰式も終り!ジャンケン大会です。モトGPグッズやご当地産物など沢山の表品が振舞われました。最後に小林会長閉会のことばで締めくくられました。選手、役員、関係者皆様お疲れ様でした。来年もよろしくおねがいします。ではまた、荒生
[PR]

# by hondawing004 | 2017-10-31 13:51 | ミニバイクレース  

2017 ソレイユミニロードシリーズ第2戦開催

7月2日(日)に庄内町のカートソレイユ最上川にてソレイユミニロードシリーズ第2戦が開催去れました。私は役員で参加です。当日午前7時過ぎに会場に到着してテント設営です。空は、いつ雨が降ってきてもおかしくない天気です。
c0180546_16442870.jpg
受付、車検もおわりグリーフィングが開かれ細かい説明がありました。そして8時20分からフリー走行が行われています。
c0180546_16550537.jpg
そして9時から公式予選が始まりました。各クラス合同30分間でタイムが競われます。9時30分チェッカーその結果はこちら。
c0180546_17002550.jpg
いよいよ決勝レースです。始めにNSF100HRCトロフィークラスです。今回は矢崎選手が怪我で本調子ではないとのことで各選手に期待がかかります。9時40分シグナルOFFで一斉にスタート
c0180546_17055378.jpg
c0180546_17062540.jpg
最初は2番手につけた矢崎選手、加藤選手をパスして1位でチェッカー!!
c0180546_17083120.jpg
リザルトはこちら
c0180546_17190524.jpg
少し時間おいて10時20分からはSP50クラス、チャレンジクラス昆走のレース1です。グリッドにそろいスタートしました。
c0180546_17231262.jpg
c0180546_17233462.jpg
序盤から今井選手、丸山選手のデッドヒートが続きましたが終盤今井選手がリードしてゴールしました。
c0180546_17253883.jpg
詳しいリザルトはこちら
c0180546_17272680.jpg
11時からはHRC GROM CUPです。こちらにも矢崎選手が出場します。一斉にスタート
c0180546_17325450.jpg
鈴木貴選手は矢崎選手の前でしばらく頑張ったが転倒してしまい4位でフィニッシュでした。チェッカーを受ける矢崎選手
c0180546_17344520.jpg
リザルトはこちら
c0180546_17362488.jpg
午前中にもう1レースNSF100HRCトロフィークラスの第3戦を行います。1日で2戦、3戦と2レースの開催です。11時40分スタートしました。
c0180546_17432054.jpg
矢崎選手が他を大きくはなしゴールしました。
c0180546_17445133.jpg
リザルトはこちら
c0180546_18274622.jpg
ここで午後1時まで昼食タイムです。昼食もおわりいよいよSPクラス、チャレンジクラスの2レースが始まります。一斉にスタート
c0180546_18312142.jpg
1レース同様今井選手と丸山選手がガチンコで競り合っています。
c0180546_18355721.jpg
丸山選手がリードして最終ラップに突入も今井選手を抑えきれず抜かれてしまう!!と暑い戦いが展開されました。リザルトはこちら
c0180546_18382135.jpg
いよいよ最後のレースです。HRC GROM CUP第3戦です。スタートして5コナーです。この時点では矢崎選手が2位につけている。
c0180546_18422309.jpg
最後は20秒差でチェッカーをうけました。暑かったのが小南選手、穂高選手の3位4位争い最終週で僅差の勝負でした。
c0180546_18453735.jpg
リザルとはこちら
c0180546_18480167.jpg
これにてすべてのレースが終了しました。お疲れ様でした。午後2時30分から表彰しきです。先に庄内阿部利勝氏より歓迎挨拶
c0180546_18500133.jpg
表彰はNSF100HRCトロフィージュニアクラスからです。総合1位は塚本龍くん、2位松下隆起くんでした。
c0180546_19012550.jpg
つづいてグランドチャンピオンクラス、1位矢崎選手、2位加藤淳選手、3位丸山選手以上入賞です。
c0180546_19044572.jpg
つぎはSP50クラス、1位今井選手、2位丸山選手、3位山口選手以上入賞です。
c0180546_19072245.jpg
つづいて、HRC GROM CUPクラスです、1位矢崎選手、2位鈴木選手、3位穂高選手以上入賞です。
c0180546_19101855.jpg
最後にチャレンジクラスです。1位池田優介くん、2位齋藤学選手以上入賞です。
c0180546_19115746.jpg
小林会長閉会の挨拶
c0180546_19124539.jpg
最後に参加者全員で集合写真です。
c0180546_19133297.jpg
次戦は3時間耐久レースも開催されます。皆様のエントリーお待ちしています。ではまた、荒生
[PR]

# by hondawing004 | 2017-07-03 16:45 | ミニバイクレース  

特別編:2017年DE耐

ゴールデンウィーク終盤の56日に開催された

小さなバイクの大きなお祭りDE耐久!に参加してきました。

今回はKART7の栗原さんとソレイユの合同チームとなります。


金曜日は最後の練習走行となります。


到着早々に紺野選手がバイクのセットアップに取り掛かります。

几帳面な性格の紺野選手により丁寧に調整が行われます。

c0180546_21461159.jpg

c0180546_22011333.jpg
今回サポートに来ていただいた小林さんとバイクを出して頂いた栗原選手の一コマ



主な変更内容はリアサスのスプリング交換。

グロムで使用しているスプリングを小林さんからお借りして取り付ける

予定です。が肝心のスプリングはグロムに付いたまま。

グロムからサスペンションを外すには外装をすべて取り外す必要があります。

この日の走行は午後からなので急いでグロムをバラバラにしていきます。


c0180546_21542714.jpg


バイクの整備に奮闘している間に私は事務処理を行います。

提出書類を完成させ、受付に並びます。

受付と同時にスタートのグリッド順を決めるくじ引きが行われました。

その結果グリットは「29番」良いのだか悪いのだか中途半端なグリッドです。


c0180546_21484251.jpg

いよいよ練習走行開始

まず1本目は小南さんと紺野さんが走って交換した部品の具合を見ます。

2本目は紺野選手と私オノデラが走行

3本目は小南選手と私が走行

走行終了後もあれやこれやとマシーンのセットアップが続きます。


c0180546_21584781.jpg


気が付けは6時半、もてぎのホテルのお風呂は受付が7時まで。

慌ててお風呂に移動です。その後、お決まりの“かましん”で買い出し。


すべての準備が整ってささやかな宴会が開始されます。

しかし前日の寝不足もあってみんな早めに就寝です。





土曜日は決勝

早朝霧の立ち込める中、誰もが空を見上げています。

天気予報は曇り、天気に対する不安が胸をかすめます。

c0180546_21500777.jpg


タンクを外した状態で確認を行ってもらい給油

封印をされピット前にバイクを駐車します。

c0180546_21491880.jpg

封印されたガソリンタンク



c0180546_21512048.jpg

スタート直前までコンパウンドでバイクを磨く紺野選手


栗原選手の娘さんが応援に来てくださったのですが

緊張MAXの私はほとんど記憶がありません。

10時旗が振り降ろされていよいよ7時間の長丁場が

スタートです。

不詳オノデラがスタートライダーを務めさせていただきました。

マシーンに全力で駆け寄ります。

あれ、ほかの人全力で走っていない?

スタートでごった返すなか無事1,2コーナーをクリア

ストレートでアッという間に早い人においていかれ一人旅状態。

3コーナーに入るためブレーキを掛けるが全然効かない。

みなさんブレーキに熱が入るまでは慎重に行きましょう。

早い人に抜かれるたびに泣きそうになりながらなんとか無事ピットイン、1回目の給油を行います。

すると、あれ、誰もいない?

しばらく待つも誰も来ない。

連絡の取りようもないのでしばし待ちぼうけ。



そろそろ呼びに行こうかと考えていると栗原選手と紺野選手がやってきました。


無事給油も終わり小南選手にライダーチェンジ

c0180546_22030303.jpg


小南選手は3分を切る好タイムを連発し、紺野選手にバトンを渡します。

紺野選手も3分を切るタイムで快走します。


c0180546_22032217.jpg

快走を続ける二人に反してほぼ抜け殻になっている私ですが

少し回復して来たのでサインエリアをうろうろと。


すると隣の人が空を見上げて手を出しています。

あれ、雨!?

かすかに雨が落ちてきました。


空を見上げると青い、本当にわずかな雨なのですがかなりドキドキです。


次のライダーは栗原選手です。

しかし腰が痛いらしく、耐えられなければ早めに帰ってくる宣言が!

栗原選手はオーバーランがありましたが転倒せず無事生還。

およそ30分走って小南選手にライダーチェンジ。

またもや好タイムを連発します。

そして紺野選手に交代。


16時を過ぎたころまたもや私の出番が近づいてきます。

小林さんから出来るだけ先をみて、必ず完走するようにとのアドバイスを受けます。

紺野選手の「ガソリンは気にしなくて大丈夫です」の言葉を聞きながら最後のライダー交代。



さすがに6時間走り続けたバイクはお疲れ気味でエンジンの回転が重く感じます。

私のタイムは相変わらずなのですが周りの選手はゴールが近いという事でペースを落とし始めます。

すごい勢いで抜かれる事が少なくなってくるとだんだん周りを見る余裕が出てきて、自然と視線が先に先にと向かいました。

そうすると少しずつタイムが上がり始めます。


何周走ったのでしょうか?次はここをこうしよう、ああしようと走っていると

何やら白と黒の旗を振り回している人が!

あ、ゴールだ

ポストからいろいろな人が手を振ってくれます。

感動の瞬間です。

c0180546_22041834.jpg

なはずですが私の頭の中はゴール直後に前のライダーを抜いしまった事で頭がいっぱいだった事は秘密にしておいて下さい。



小さなバイクの大きなお祭り

大きなおっさんの小さな冒険。

大人になって一番ドキドキワクワクしたのではないでしょうか。

とっても楽しい週末でした。

c0180546_21564245.jpg

追伸

初めて大きなイベントに参加してみて

見るのと出るのは大違い!

疲労度がすごいです。

これを真夏の炎天下で行っている人には

頭が下がります。



[PR]

# by hondawing004 | 2017-05-17 21:51 | ミニバイクレース  

2017 レン耐3時間耐久レース開催

4月23日(日)午前中はスプリントレース、HRC GROM CUP、SPクラス、チャレンジクラス、NSF100HRCトロフィー、各クラスの決勝ならびに表彰式も終り、いよいよ、TakumaGP(レン耐事務局)企画のマシン、ウエアー類を借りて参加できるレンタル耐久が午後1時スタート予定で進行しています。10時30分から受付、111時30分からはグリーフィング(色んなテーマで独特な課題があります。しかり理解)12時30分からは練習走行とスケジュールが進行していきます。
c0180546_10351859.jpg
練習走行も終り選手はルマン式スタートグリッドに整列しました。そして一斉にスタート
c0180546_10414685.jpg
3時間の長いレースが始まりました。GROMクラスが3台、Apeクラスが4台計7台で競われます。
c0180546_10435720.jpg
最初リードしたのは、GROMクラス、ゼッケン1、2、Apeクラス、ゼッケン23、21の順で周回が進み早く走ると燃費が苦しいので皆考えながら走っています。転ぶと5,000円のペナルティが嫁せられます。慎重に!!1時間経過時点の順位
c0180546_10495874.jpg
ライダー交代もあり少し動きが出てきました。ピトレーンで課題取り組むチーム
c0180546_11015675.jpg
何とかクリーヤーしてライダー交代もたもたしてると後続に抜かれます。2時間経過順位はこちら
c0180546_11035296.jpg
またまた難しい課題いや痛い課題が嫁せられる悲鳴を上げる選手?
c0180546_11052712.jpg
時間は過ぎ3時間となり無事チェッカーとなりました。2台転倒有りましたがお金をすばやく払ってタイム削る。払わないとコースに出て周回できません。ゴールして20分が過ぎ表彰式が始まりました。始めにGROMクラス、身内の戦いは、1位ゼッケン1鈴木貴、鈴木章、今野組、2位ゼッケン3高橋、五十嵐、大瀧組、3位ゼッケン2鈴木麻、工藤。小山組以上入賞
c0180546_11181933.jpg
APEクラス、2位ゼッケン23大坂、伊藤、七森組、1位ゼッケン21穂高、箱石、村井組、3位ゼッケン24嘉本、千葉組以上入賞
c0180546_11243567.jpg
特別賞はApeゼッケン22栗原、小野寺組でした。
c0180546_11285608.jpg
楽しいレースとなりました。詳しいレン耐リザルトはこちら
c0180546_11331590.jpg
選手、役員、関係者皆様お疲れ様でした。来年もまた開催しましょう。よろしく!!荒生
[PR]

# by hondawing004 | 2017-05-06 10:35 | ミニバイクレース  

2017 ソレイユミニロードシリーズ第1戦&レン耐3時間耐久レース開催

3月23日(日)に庄内町カートソレイユ最上川サーキキットにてソレイユミニロードシリーズ第1戦とレン耐3時間耐久レースを開催しました。朝7時ゲートオープン選手が入場してきました。パドックはいっぱいになりました。
c0180546_15145162.jpg
スプリンレースはNSF100HRCトロフィークラスがJクラス2台、GCクラスが5台の計7台、SPクラスが6台、HRC GROM CUPクラスが6台、チャレンジクラスが3台合計22台のエントリーになりました。7時20分から受付車検は7時50分から8時20分まで、開会式&グリーフィングは8時20分から始まりました。
c0180546_15521113.jpg
グリーフィングが終り8時40から公式フリー走行が始まりました。朝の雨で路面はウエットですが皆さん元気です。
c0180546_15562636.jpg
いよいよ予選です。今回は全クラス一緒です。ダブルエントリーの方は忙しい予選になります。9時10分から30分間です。まだ乾かない路面に慎重に周回していきます。
c0180546_16080117.jpg
30分が過ぎチェッカーです。でその結果はこちら
c0180546_16131190.jpg
決勝に備えコース清掃が行われています。コースは徐々に乾いてきています。9時40分からHRC GROM CUPクラスの決勝です。
c0180546_16172322.jpg
一斉にスタート
c0180546_16180683.jpg
昨年のHRC GROM CUPチャンピオン矢崎選手が1週目から飛び出し大差を付けチェッカー
c0180546_16201044.jpg
リザルトはこちら
c0180546_16230687.jpg
つづいて10時20分からはSPクラス&チャレンジクラスの決勝です。
c0180546_16265963.jpg
シグナルOFFでスタートです。1周目は丸山選手がトップ、2番手に山口選手の争いです。終始抜きつぬかれのデッドフィート続き丸山選手がチェッカーを受ける。
c0180546_16314801.jpg
チャレンジクラスは、12歳池田優介くんがトップでゴールでした。レースの結果はこちら
c0180546_16343907.jpg
このころには路面は完全ドライです。11時からはNSF100HRCトロフィークラスの決勝です。各車一斉にスタート
c0180546_16370707.jpg
矢崎選手が飛び出すこのまま差を広げていきます。
c0180546_16374634.jpg
なんと2位以下を周遅れにしてしまう速さでチェカーです。
c0180546_16400990.jpg
リザルトはこちらジュニアの二人も頑張りました。
c0180546_16411701.jpg
レン耐の本部テントでは受付が始まっています。11時30分から表彰式です。始めにHRC GROM CUPクラスです。1位矢崎選手、2位工藤選手、3位穂高選手以上入賞
c0180546_18140761.jpg
つづいてSPクラスです。1位丸山和選手、2位山口選手、3位豊島選手以上入賞
c0180546_18164370.jpg
次はチャレンジクラス、1位池田優介くん、2位宍戸選手以上入賞
c0180546_18180172.jpg
つづいてNSF100HRCトロフィージュニアクラス、1位塚本龍くん、2位松下隆紀くん以上入賞
c0180546_18212371.jpg
つづいてNSF100HRCトロフィーグランドクラス、1位矢崎選手、2位丸山元選手、3位阿部選手以上入賞
c0180546_18233344.jpg
最後に閉会の挨拶小林会長
c0180546_18251144.jpg
選手、役員、関係者皆様お疲れ様でした。次戦は7月2日(日)スプリントレース2戦開催です。エントリーよろしくお願いします。午後からはレン耐3時間耐久レースです。お楽しみに!!
[PR]

# by hondawing004 | 2017-05-05 15:56  

2017年ソレイユ日程について

新年あけましておめでとうございます。
昨年度はたくさんの方々に参戦していただき大変有難うございました。

今年も皆様に楽しんで頂けるようスタッフ一同、レース運営に
努力いたしますのでよろしくお願い致します。

早速ですが今年の日程を発表させて頂きます。

第1戦 4月23日 スプリント+レン耐
 ・スプリント
  SP,NSF,GROMのクラスにて争われます。
  KINGが勝つのか、はたまた老練のテクニシャンがストップをかけるのか。
  マシーンの差が少ないミニバイクならではの手に汗にぎる接戦が予想されます。
 ・レン耐
  今年も青木拓磨さんが運営しています”レンタル耐久レース”が開催されます。
  昔ミニバイクレースで熱くなっていた方の復帰のきっかけに、「レースなんてとても」と
  思っているツーリングライダーのあなたにぴったりのレースです。

第2戦 7月2日 スプリント 2ヒート
 第2戦は2ヒートで開催されます。
 シリーズ戦の行方を左右する大事な中盤戦です。
 7月の熱い日差しと同様に熱い戦いが予想されます。

第3戦 10月22日 スプリント+3時間耐久
 ・スプリント
  シリーズ争の大詰め、毎年混戦となる最終戦。
  今年はどんなドラマが用意されているのか。
  はたしてシリーズチャンピオンは誰の手に!
  神のみぞ知る真実のドラマが繰り広げられます。

 ・3時間耐久
  1年間の感謝の気持ちを込めてたっぷり走って頂く為の3時間耐久
  ソレイユを余すところ無く楽しんでください。

それでは皆様の参戦をお待ちしています。
[PR]

# by hondawing004 | 2017-02-03 22:58 | ミニバイクレース  

2016 NSF100 HRCトロフィー&HRCグロムカップグランドチャンピオン大会

12月4日(日)にツインリンク茂木東コースにてNSF100HRCトロフィー&HRCグロムカップのグランドチャンピオン大会が開催されました。私は金曜日の夜酒田を出発して応援に行ってきました。ゲートの横駐車場に車泊して土曜日朝8時ころ会場に到着してピットに行くと皆忙しそうに準備しています。
c0180546_11115416.jpg
今大会はソレイユOFCからは、NSF100HRCトロフィークラスに5年連続チャンピオンの矢崎選手とソレイユミニロードシリーズで出場資格を得た丸山選手、加藤選手と茂木北ショートコースチャンピオン上野女史がエントリーしています。矢崎選手が6年連続なるかが注目されています。HRCグロムカップには矢崎選手がダブルエントリーで参戦初代チャンピオンを狙います。またソレイユミニロードシリーズで出場資格を得た鈴木選手が参戦します。準備も出来たか?矢崎選手マシン
c0180546_11205534.jpg
そして、丸山選手、加藤選手のピットです。
c0180546_1126268.jpg
隣りでは矢崎選手の乗るグロムをセットUPが行われています。
c0180546_1131465.jpg
AM10:00分からはNSF100、グロムカップ昆走でまた、11時40分からはCBR250Rドリームカップの練習走行が行われました。昼食を挟みPM12:20分からNSF100HRCトロフィー、GC、JC昆走で公式予選です。途中赤旗中断がありましたが予定時間で終了しました。その結果はこちら
c0180546_11383687.jpg
慌ただしくマシンを乗り換え矢崎選手が45分からのグロムカップ予選に出て行きました。こちらは予定どおり終了しました。その結果はこちら
c0180546_11412526.jpg
皆良い位置につけています。明日の決勝が楽しみです。午後2時30分からグリーフィンがあり細かい説明がありました。
c0180546_11592189.jpg
CBR250Rドリームカップに出場予定マルケス選手、ペトロザ選手のマシンが準備されています。
c0180546_12112817.jpg
いよいよ登場!!
c0180546_1221967.jpg
そして予選が始まりました。終ってみればトップにペドロザ選手?結果モニター
c0180546_1242494.jpg
正式結果では、マルケス選手とペトロザ選手が入れ替わっていました。かえってからの人ごみ
c0180546_126257.jpg
出場選手皆で記念撮影
c0180546_12104732.jpg
その後、私たちは後片付けして宿にむかう!!途中夕食を食べて宿に付いて各部屋に入り早々お風呂に入る。部屋にもどると朝が早かったのでみなお疲れモードうとうと!皆寝てしまう。翌朝5時に起きツインリンク茂木に向かう。今日も天気は良さそうです。東コーズに到着して選手はピットで荷物、マシンを降ろし準備!!慌ただしく時間が進みスタート前チェックも終わりピットに並ぶ矢崎選手、丸山、加藤選手のマシン
c0180546_12154711.jpg
c0180546_1216340.jpg
コースINが始まり各選手がグリッドに整列しました。緊張のスタート前丸山選手
c0180546_12173122.jpg
そして加藤選手
c0180546_12175568.jpg
注目をあびる矢崎選手
c0180546_12182812.jpg
ウオームUPランも終りグリッドに整列!!レッドシグナルOFF一斉にスタート1週目V字コーナーを立ち上がる矢崎選手
c0180546_13352288.jpg
丸山選手はいますが加藤選手が帰って着ません、少し心配です。JCクラス、GCクラスが入り混じりトップグループを形成している。矢崎選手、上野女史もグループにいる。最終ラップ、1位JC松山選手2位GC矢崎選手3位GC榊原選手4位JC中嶋選手、5位GC上野女史、6位GC後藤選手で最終コーナーへしかし立ち上がって来たのはJC松山選手、GC上野女史、JC中嶋選手、GC後藤選手、GC伊藤選手の順でチェッカーとなりました。最終コーナーで矢崎選手、榊原選手が接触転倒した模様です。
c0180546_1346448.jpg
GCクラス矢崎選手6連覇はなりませんでした。決勝の結果はこちら
c0180546_13492157.jpg
しかしソレイユOFC所属上野女史が新チャンピオンに輝きました。喜ぶ上野女子
c0180546_13495986.jpg
つかのま、HRCグロムカップの決勝です。マシンはスタート前チェックを終え矢崎選手の到着を待つ
c0180546_13513658.jpg
無事怪我も無くもどってきた矢崎選手スタート進行が始まりグリッドに並ぶ
c0180546_1356548.jpg
スズキモータースチーム鈴木選手
c0180546_1357418.jpg
いよいよスタートしました。やはり矢崎選手はトップグループで1週目帰ってきました。
c0180546_1454732.jpg
NSF100につづき、やはり混戦で最終ラップ最終コーナーへ立ち上がってきましたが2番手でスリップストリームを使う矢崎選手
c0180546_1412030.jpg
ゴール前に抜きトップでチェッカー、手をあげてこたえる矢崎選手
c0180546_1475146.jpg
結果はこちら
c0180546_1482898.jpg
HRCグロムカップ選手が帰ってきました。
c0180546_1494378.jpg
ころんでもただでは起きない矢崎選手はHRCグロムカップ初代チャンピオン獲得しました。これもすごい!!矢崎選手、上野女史はメインスタンドでの合同表彰式にマイクロバスででかけっました。表彰式の様子
c0180546_14185984.jpg
取材えお受ける矢崎選手
c0180546_14195739.jpg
ピットにもどり記念撮影グロム初代チャンピオン矢崎選手とソレイユOFCスタッフ一同
c0180546_14222834.jpg
そして、NSF100HRCトロフィーチャンピオン上野女史とHRCグロムカップチャンピオン矢崎選手の2ショット
c0180546_142430100.jpg
選手、スタッフ皆様お疲れ様でした。今年も楽しかった!!ではまた、来年ソレイユミニロードシリーズで合いましょう。荒生
[PR]

# by hondawing004 | 2016-12-24 11:12 | ミニバイクレース  

2016 ソレイユ3時間耐久レース

お昼休みが終わり3時間耐久レースのスタート順抽選が行われています。
c0180546_14211890.jpg
スポンサーGO&FUNが各チームに振舞われました。
c0180546_16535559.jpg
12時50分からコースINそしてグリッドに整列してシグナルOFF、ルマン式スタートがきられました。
c0180546_14232649.jpg
c0180546_16265869.jpg
ゼッケン1番丸山、古市組が先行してゼッケン4番高野、菅井組、ゼッケン20番関根、今井組のSPクラスが追う展開です。1時間が経過
c0180546_16293889.jpg
来年から義務付けか?HRCレーシングメンテナンスマット
c0180546_1722546.jpg
2時間経過の上位は変動がありません。
c0180546_17445864.jpg
最後の選手交代かピットにもどってきます。
c0180546_16342754.jpg
ラスト30分になった所でグロムクラス小林選手が転倒しています。救護が駆けつけ救出して介護する場面がありましたがレースはそのまま3時間が経過してチェッカーフラッグです。
c0180546_16373395.jpg
観客からは拍手が沸き起こりました。各クラスの結果はこちら
c0180546_1639626.jpg
早々表彰式の準備して4時45分から表彰式が始まりました。始めにスプリントレース、SP12、50クラス、1位古市選手、2位高野選手、3位丸山和選手、4位山口選手、5位渡部選手、6位相澤選手以上入賞
c0180546_16434675.jpg
つづいてHRCグロムカップクラス、1位矢崎選手、2位鈴木貴選手、3位工藤選手以上入賞
c0180546_16571278.jpg
次はチャレンジクラス、1位斉藤学選手、2位池田優くん、、3位渋谷選手以上入賞
c0180546_1701538.jpg
つづいて、SP50クラス、1位渡部選手、2位菅井選手、3位齋藤魁選手以上入賞
c0180546_1714416.jpg
次はNSF100HRCトロフィークラス、1位矢崎選手、2位田辺選手、3位丸山元選手以上入賞
c0180546_1733931.jpg
つづいて、3時間耐久の表彰です。SPクラス、1位丸山、古市チーム、2位高野、菅井チーム、3位関根、今井チーム以上入賞
c0180546_17641100.jpg
次はオープンクラス、1位佐藤、桑原、北島チーム、2位松橋、中津川、鎌田チーム、3位齋藤、宍戸チーム以上入賞
c0180546_1785578.jpg
つづいて、NSF100クラス、1位斉藤、斉藤親子チーム、2位栗原、佐藤、小野寺チーム以上入賞
c0180546_17102329.jpg
次はグロムクラス、1位加藤、阿部チーム、2位鈴木、工藤、渋谷チーム、3位中川、石垣、佐久間チーム以上入賞
c0180546_17123052.jpg
つづいてシリーズ表彰です。NSF100HRCトロフィークラス、1位矢崎選手、2位松下隆くん、3位丸山元選手以上表彰、そしてグランドチャンピオン大会に向け餞別も贈呈されました。
c0180546_1813429.jpg
次はSP12、50クラスです。1位高野選手、2位相澤選手、3位丸山和選手以上表彰
c0180546_1845733.jpg
つづいて、HRCグロムカップです。1位矢崎選手、2位鈴木貴選手、3位工藤選手以上表彰、と餞別が贈呈されました。
c0180546_1865063.jpg
表彰のあとスポンサーからの賞品、産直果物争奪、恒例大ジャンケン大会を開催!!大いに盛り上がりました。
c0180546_17564425.jpg
提供していただいた。ダンロップタイヤ様、HRC様、㈲ロッソ様有り難う御座います。選手、役員、関係者の皆様1年間有り難う御座いました。来年も開催しますので宜しくお願いします。ではまた、荒生
[PR]

# by hondawing004 | 2016-10-05 14:23 | ミニバイクレース  

2016 ソレイユミニロードシリーズ第3戦&3時間耐久

10月2日(日)に庄内町カートソレイユ最上川にてソレイユミニロードシリーズ第3戦&3時間耐久レースが開催されました。第3戦はスプリント1レース、NSF100HRCトロフィークラス6台、今年2戦より新設HRCグロムカップクラス4台、SP50クラス15台、SP17クラス6台、チャレンジクラス4台の5クラス計35台で開催となりました。午後は3時間耐久レースが行われます。SP50クラスが7台、オープンクラス3台、NSF100クラス2台、グロムクラス3台のエントリーがあり計16台と近年になく大盛況です。近県、関東方面と遠いところからエントリー有り難うございます。
c0180546_13325757.jpg
7時からは受付、車検ですが台数が多いため少し時間がかかってしまいました。8時頃からグリーフィングが始まりました。
c0180546_13323049.jpg
グリーフィングが終わると早々フリー走行が開始です。
c0180546_133584.jpg
9時00分ころからSP12-SP50クラス予選20分間が開始、その結果です。
c0180546_1338197.jpg
9時30分頃からはNSF100HRCトロフィークラス、HRCGROMカップクラス、チャレンジクラスの予選です。とその結果
c0180546_13404340.jpg
10時00からいよいよSP12クラスの決勝です。選手紹介のあとウオームUPランのあと一斉にスタート
c0180546_13474826.jpg
c0180546_1349922.jpg
ホールーショットは古市選手そして途中デッドヒートの末に20週のレースにチェッカーフラッグです。
SP12クラス決勝動画はこちらから
結果はこちら
c0180546_13555223.jpg
9時30分からはHRCGROMカップ&チャレンジクラスの決勝です。各車一斉にスタート
c0180546_13582459.jpg
c0180546_13585080.jpg
矢崎選手が先行し鈴木貴選手が追う展開そしてそのままチェッカーとなりました。
HRCGROMカップ&チャレンジクラス決勝の動画はこちらから
その結果はこちら
c0180546_144495.jpg
つづいて11時00分からは今回SP5017インチクラス単独車種でのレースを開催しました。一斉にスタート
c0180546_1463582.jpg
c0180546_1465728.jpg
トップは毎週入れ替わる激しいバトルを展開と3位グループも同じ展開で見ている観客をわかせました。そして0.028秒差で渡部選手がチェッカー
c0180546_14105887.jpg

SPクラス決勝動画はこちらから
その結果はこちら
c0180546_14115912.jpg

10時30分かスプリントレース最後のNSF100HRCトロフィーです。一斉にスタート
c0180546_14145228.jpg
c0180546_141566.jpg
矢崎選手1週目から他を寄せ付けずそのままゴールでした。
NSFクラス決勝動画はこちらから
その結果はこちら
c0180546_14173618.jpg

午前のレースはこれで終了!!ではお昼食時間です。
[PR]

# by hondawing004 | 2016-10-05 12:59 | ミニバイクレース  

2016 もて耐 3日目

いよいよ決勝当日

スタートライダーは72号車矢崎選手、73号車斉藤選手です。
いよいよ緊張のスタートです。

c0180546_10131040.jpg

72号車集合写真
c0180546_10144083.jpg

73号車集合写真

混乱のスタートを乗り切り両者とも好タイムを出しながら順調に周回を重ねて行きます。

開始から30分ぐらい経過したときに突然トラブル発生!

73号車の斉藤選手が転倒との情報がパドックに入ります。
しかも斉藤選手は怪我をして、メディカルセンターに搬送されたようです。

パドックには傷ついた73号車が戻ってきます。
みんなでいっせいに修復に取り掛かります。
c0180546_10224344.jpg


さすがにレース経験豊富な人たち、的確にマシーンを修復しています。
c0180546_11313344.jpg

見てください、わずか30分でここまで修復しました。

幸い機能部分に損傷は無く、修復された73号車は順調に周回を重ねます。
紺野選手、渡辺選手ともに徐々に感じを取り戻してきた様で27秒台に入ってきました。
やっとラジアルタイヤ病から脱出した様です。

72号車はタイヤ交換を無事に終えて順調に周回を重ねて行きます。
c0180546_11432188.jpg

素早くタイヤ交換を行う斉藤さん
c0180546_11552680.jpg

出走前の上野選手と支える矢崎選手
c0180546_1134498.jpg

ついにもて耐復帰の小林選手(奥さんには内緒)
c0180546_1148428.jpg

灼熱の太陽と熱波がライダー、クルーの体力を容赦なく奪っていきます。
日が傾き始め、頬をなでる風に少しだけやさしさを感じるようになった頃、
もてぎの暑い7時間が経過しました。

c0180546_10254328.jpg

ライダーの力走をたたえるクルー

c0180546_10414399.jpg

あと少しと悔しがる薄井選手
c0180546_1145399.jpg

うーん疲れたと小南選手


そして結果は
72号車 総合15位 クラス4位、73号車 総合61位 クラス18位にて完走です。

今回の参戦車両にはそれぞれ必要なパーツを持ち寄って組み上げた為、分解して持ち帰る必要が有ります。

記念撮影が終わったら早速分解作業開始です。
c0180546_11393575.jpg


みんな、なれたものであっと言う間に作業完了。

今年もあっと言う間の3日間でした。

唯一の心配事は斎藤選手の怪我の具合です。
早く回復して頂いて元気な姿を見せて欲しいです。

c0180546_10162572.jpg


最後にお子さんが怪我をして心配な中、パドックに残って手伝って頂いた
斉藤さんとお姉ちゃんには大変感謝しています。

それではまた来年もてぎにてお会いしましょう。
[PR]

# by hondawing004 | 2016-08-13 10:16 | ミニバイクレース